​テレワークの3つの課題と解決策

​- 課題解決に役立つソリューションをご紹介 -

​テレワークの課題と解決策がよくわかる /

​申し込みから1ヶ月無料/

​テレワークとは

働き方改革や感染症の流行により、働き方の一つである「テレワーク」が脚光を浴びています。

 

テレワークとは「情報通信技術(ICT = Information and Communication Technology)を活用した、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方」で、「tele = 離れた所」と「work = 働く」をあわせた造語です。

一般社団法人 日本テレワーク協会HPより引用)

在宅勤務やサテライトオフィス、営業マンが移動中にノートPCやタブレット、スマートフォンなどを使って仕事をするモバイルワークを含む働きかたです。

COVID-19が猛威を振るう中、事業を継続するために急遽テレワーク/リモートワーク(主に在宅勤務)を始めたという企業も多いかと思います。Web会議システムの導入や社内環境のクラウド化でリモートでの業務を始めたものの課題は多く解決できていないと感じている企業も多いようです。

​ここではテレワーク導入後に残される3つの課題とその解決策をご紹介します。

課題 1

勤怠管理に関する課題

まず第一の課題は”在宅勤務時の労働実態がわからない”という勤怠管理に関する問題です。

上司の目が届かない場所で働くことになるため、きちんと業務を行っているのか?時間外労働が発生しているか?といった管理が難しくなります。

​解決策

労働実態を正確に知るにはログイン/ログアウト状況やアプリケーション使用時間・無操作時間を確認できるツールを導入することで解決できます。

また、リモートからのVPN接続の状況を出力することも労働時間の把握に役立ちます。

勤怠管理に役立つおすすめツール

・ ログイン/ログアウト時間のレポートや、アプリケーション使用時間・無操作時間のレポートを受け取れる

・ 問題発生時の操作内容を再生して詳細を調査。記録の通知により問題の発生を抑止

・ 定時後の操作内容を再生して残業の必要性を確認できる

操作を見たままに記録するソフトウェア:Ekran

​ここがおすすめ

・ テレワーク/リモートワークを実施するため、急きょVPNを導入したものの、いつ誰が接続/切断しているか把握できていない…。という方にはVPN接続の状況を出力できるこちらのツールがおすすめです。

VPN接続記録/アクセス状況の把握と調査に:WinSyslog、EventReporter

​ここがおすすめ

課題 2

セキュリティに関する課題

第二の課題は”情報漏えいのリスクが高まる”というセキュリティに関する問題です。
​セキュリティに関しては、その中でも端末からの情報漏えいや危険なWebサイトからのウイルス感染、ネットワーク上の不正なトラフィックといった様々な問題が考えられます。

2-1

端末からの情報漏えい

テレワークでは社外でデータを扱うため、重要なデータを持ち出していないか?ルールに反した操作を行っていないか?といった確認は困難になります。

​解決策

社員が不正な操作を行っていないか確認するには操作画面をそのままキャプチャしたり、操作ログを取得するツールの導入が効果的です。

また、リモートからのVPN接続の状況を出力することでも労働時間の把握に役立ちます。

端末セキュリティに役立つおすすめツール

・ 全画面操作/キー入力の状況取得、執務の全内容を把握できる
・ 事前に設定した不明行為発生時に管理者へ警告通知し、推移を確認できる
・ USBなどの外部記憶機器などの使用を制限できる

操作を見たままに記録するソフトウェア:Ekran

​ここがおすすめ

・ Active Directory環境での監査ログを収集し、ポリシー違反のユーザーや内容を確認できる。

セキュリティポリシーとルールに反した操作の確認に:WinSyslog、EventReporter

​ここがおすすめ

2-2

Webセキュリティ対策

危険なサイトを閲覧していないか…。メール内に記載されたリンクが正しいか分からなくて業務が滞る…。といった問題は社内でもよく起こることですが、テレワーク環境下ではより深刻な問題となります。

​解決策

このような問題を解決するには、どのような環境でもWebフィルタリングサービスを提供でき、システム管理者・端末利用者の手間を減らせるようなツールの導入が効果的です。

Webセキュリティに役立つおすすめツール

・ 在宅勤務などテレワーク環境下でも社内同様セキュリティポリシーが適用され、危険サイトを自動でブロック
・URLチェックツールで、危険なカテゴリに属するURLでないかを確認できる

危険なページを自動でブロック。Webフィルタリングサービス:WebTitan Cloud

​ここがおすすめ

2-3

ネットワークセキュリティ対策

ネットワーク上での不正なトラフィックがあり、組織内ネットワークに疑義があるといった問題への対応も必要です。

​解決策

こちらもテレワーク環境に限った問題ではありませんが、トラフィック分析ツールを導入することで、どんな環境下でも組織をネットワークに対する脅威に備えることができます。

ネットワークセキュリティに役立つおすすめツール

・ SYNフラッド攻撃やブラックリストによる脅威検知とプッシュ型アラートにより、ネットワークセキュリティの脅威から守ることができる。

高速トラフィック分析ツール:ntopng

​ここがおすすめ

課題 3

運用管理に関する課題

第三の課題はネットワーク機器、サーバーなどのIT環境の運用管理に関する問題です。

​解決策

ネットワーク機器、サーバーなどのIT環境の運用管理をリモート環境(スマホ、自宅PC)で異常通知、事象確認、回避&改善作業を実施したいという場合は、統合ネットワーク監視ツールの導入がおすすめです。

運用管理に役立つおすすめツール

・ 親しみやすいUIで、ネットワーク機器、各種サーバー、データベースなどを一元管理可能。
・ メール、Slackへの通知ができる
・ 新たなHWなどの購入が必須ではなく、既存環境で使用できる

オールインワン統合ネットワーク監視ツール:PRTG Network Monitor

​ここがおすすめ

​テレワークの課題と解決策がよくわかる /

​申し込みから1ヶ月無料/

ジュピターテクノロジーが提供するテレワークソリューション

新型コロナウイルス対策向け無償提供サービス

弊社では新型コロナウィルス対策としてテレワークを実施したい企業様向けに、上記でご紹介したテレワーク支援ツールを導入開始より1カ月間無償提供しています(申込期間 2020年6月末まで)。

■ 対象製品

- WebTitan Cloud(Webフィルタリングクラウドサービス)無償利用数:50ユーザー

- Ekran(端末セキュリティ、勤怠管理)無償利用数:PC3台、サーバー3台

- WinSyslog、EventReporter(不正操作検出、リモート接続記録)無償利用数:導入台数/IP数、無制限

- PRTG Network Monitor(統合ネットワーク管理)無償利用数:500センサー

■ 無償提供期間:ご利用開始から1か月間

■ ご提供する資料

 - セットアップガイド(全製品)
 - 操作/運用マニュアル(PRTG Network Monitor、ntopng以外の全製品)

■ お申し込み方法

以下のボタンから必要事項をご記入のうえ、お申し込みください。

現在施行中の助成金のご紹介

ジュピターテクノロジーが提供するテレワークソリューションも適用可能な、現在施行中の助成金をご紹介します。


◇ 東京都

【はじめてテレワーク(テレワーク導入促進整備補助金)】
https://www.shigotozaidan.or.jp/koyo-kankyo/joseikin/telework.html
・ 対象企業:都内の中小・中堅企業
・ 補助率:10/10、上限額:110万円/70万円/40万円(企業規模による変動)
・ 交付申請締切:2021/3/31

◇ 厚生労働省
【働き方改革推進支援助成金(テレワークコース)】
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/jikan/telework_10026.html
・ 対象企業:全国の中小・中堅企業
・ 補助率:3/4 or 1/2、上限額:300万円 or 200万円
・ 交付申請締切:2020/12/1

 

急遽変更されることもございますので、最新情報は必ず各助成金・補助金や事務局のサイトをご確認ください。

​テレワークの課題と解決策がよくわかる /

​申し込みから1ヶ月無料/

2001(平成 13)年の創業以来、システム製品の販売、構築に特化した事業を展開しております。
ライセンスやご購入、製品の導入、構築、設定のサポートに関するご質問など、お気軽にお問い合わせください。

ABOUT

ジュピターテクノロジー株式会社

〒183-0023

東京都府中市宮町2-15-13

第15三ツ木ビル8F

TEL 042-358-1250

​FAX 042-360-6221

​Email  info@jtc-i.co.jp

https://www.jtc-i.co.jp/

© 2020 by Jupiter Technology Corp.