ランサムウェア攻撃を撃退!

ファイルロスゼロダウンタイム最小化

ランサムウェア攻撃を無害化

ゼロデイ攻撃にも対応

​ランサムウェアとは

マルウェアの一種です。

コンピュータに保存されているファイルを暗号化し、

復号のための金銭を要求します。

今年5月ランサムウェア「WannaCry」が世界中に猛威を振るい、業務に多大な影響を受けた企業が 多発しました。 国内においても有名企業・自治体を含め600か所・2000端末以上に感染、また復旧 までに数日を要したケースなどが報じられました。

今後もさらに強力なランサムウェアが発生すると予測される中、従来型セキュリティのまま放置しておくことは、万が一感染した場合、業務、業績に多大な損害を与える可能性は否定できません。

従来型セキュリティの問題点

アンチウイルス

ほとんどのエンジンはそれ自体でランサムウェアを検出できず、ゼロデイランサムウェア亜種や標的型攻撃に対処できません。

バックアップ

効果的な方法でリアルタイムにバックアップすることができません。復旧は前回のバックアップからとなり、前回バックアップ時から感染までの変更はすべて失われます。

アプリケーション
コントロール

WEBブラウザやMicrosoft Wordなどホワイトリストに登録されたアプリケーションの脆弱性を悪用される場合があります。

ランサムウェア攻撃の被害から

企業を守るために必要なソリューション

ファイルロス・ダウンタイムゼロのRanstopなら、ランサムウェア攻撃を実質無害化し、万が一感染したとしても、ランサム(身代金)を支払うことなく早期に最新の有効なデータで、被害を受けたファイル自動復旧し、業務の継続を実現します。

Ranstopの機能・特長

検出&制御

プロテクションエンジン

ファイルアクセスパターンに基づき、現在および将来のランサムウェアを正確に検出し停止します。

ランサムウェアの活動を検出

ブロック

隔離

クリーンアップ

アラート通知

データ保護

ファイルリカバリエンジン

スマートなリアルタイムバックアップで、情報をハードディスクの安全な場所で保護します。

リアルタイムバックアップ

不正なアクセスからバックアップを保護

4ファイルバージョンを保持

ファイルを自動復旧

攻撃が成功した場合でもファイルを自動復旧

不注意で削除してしまったファイルも手動で復旧可能

+

ファイルロック型

端末ロック型

​検出

自動ブロック

ランサムウェア検知後、自動で不正アクティビティのブロック・通知・回復プロセスを開始します。

自動・手動

​ファイル復旧で

​ファイルロスゼロ

MBR保護

ディスクレベルでデータを暗号化するランサムウェア(Petyaなど)による変更に対しマスターブートレコード(MBR)を保護します。

​感染マシンの

自動隔離で

被害の拡大を防止

インシデント

アラート通知

従来型セキュリティに追加するだけで、マルチレイヤセキュリティを強化できます

『ライブランサムウェアテスト WannaCry v2』

このビデオではランサムウェア WannaCry v2が侵入した際のRanstopの挙動を確認できます。
(1分47秒/日本語字幕)

検出性能

​*メーカラボにおける試験結果

識別済み149サンプルすべて検出成功

7ev3n alias Empercrypt, ACCDFISA , Acepl, Alfa, Alma, AlphaE, Alphabet, Alphacrypt, Amnesia, Apocalypse, Bandarchor, Bart, Bettercallsaul, BitCryptor, BleedGreen, Buzus, CHIP, CTB Locker, Cerber, CerberTear, CoinVault, Cradle, Crilock, CriptoMIX, Criptor, Critroni (CTB), CrowCrypter, Crowti, CryLocker, CryPy, CrypMIC, Crypaura, CryptFile2, CryptoBit, CryptoDefense, CryptoFortress, CryptoLocker, CryptoShield, Cryxos, DNRansom, Damage, Depsex, DeriaLock, Dharma, DirCrypt, DoNotChange, DynA-Crypt, EduCrypt, Enigma, Exotic, FSociety, FakeLock, Falok, Fantom, Filecoder, FireCrypt, GPCode, Globe, GlobeImposter, GoldenEye, Graftor, Hacintor, Harasom, Havoc, HiddenTears, Hitler, HolyCrypt, HydraCrypt, Ishtar, Jackpot, Jaff, Jigsaw, JobCrypter, Karma, Kazy, KillSwitch, Kovter, LambdaLocker, Locky, Lortok, MBRLock, MOTD, Magic, Mamba, ManameCrypt, Manifestus, MasterBuster, Matrix, MireWare, Mischa, Mole, Nabucur, Namrood, Nemucod, Nymain, Obfus, PadCrypt, Philadelphia, Pizzacrypt, PokemonGO, PopcornTime, PornoAsset, PowerWare, PrincessLocker, Prism, Proteus, RAA Pony, Radamant, Razy, Remucod, Revenge, Rokku, RozaLocker, Sage, Sality, Salsa, Satan, Satana, Serpent, Shade, ShellLocker, Sirefef, SmartRansom, Spora, Stampado, StarTrek, Symmi, TechSupportScam.PCCleaner, Telecrypt, TeslaCrypt, TeslaWare, Torrentlocker, ToxCrypter, Toxic, Troldesh, TrumpLocker, Trumps, Unlock92, VaultCrypt, Venus, Virlock, W97M, WannaCry, Xdata, Xorist, YourRansom, Zeta, Zusy, Zyka

未識別1000以上のサンプル(*)すべて検出+停止に成功

(*)重複サンプルを含む可能性あり

システム要件

Windowsワークステーション

Windows 7 およびそれ以降(x86,x64)
 *Homeエディションはサポート外
 *Windowsサーバは(現在のバージョンでは)サポート外
前提条件:
 Microsoft Visual C++ 2015再頒布可能パッケージ(x86, x64)
 Microsoft .Net Framework 4.6.1

ハードウェア

最小要件:2 CPU Core, 2 GB RAM, 10 GB HDD

2001(平成 13)年の創業以来、システム製品の販売、構築に特化した事業を展開しております。
ライセンスやご購入、製品の導入、構築、設定のサポートに関するご質問など、お気軽にお問い合わせください。

ABOUT

ジュピターテクノロジー株式会社

〒183-0023

東京都府中市宮町2-15-13

第15三ツ木ビル8F

TEL 042-358-1250

​FAX 042-360-6221

​Email  info@jtc-i.co.jp

https://www.jtc-i.co.jp/

© 2019 by Jupiter Technology Corp.